【日置電機】 興味のあるカテゴリを選択して下さい。

カテゴリー表示モード:標準 | RC2

日置電機 カテゴリーアーカイブ

日置電機 太陽光発電システム用 絶縁抵抗計IR4053製品紹介

HIOKI 太陽光発電システム用 絶縁抵抗計IR4053

絶縁抵抗計IR4053は「PVΩファンクション」を搭載、日中に発電をする太陽光発­電システムにおいて安全かつ正確な測定を可能にした絶縁抵抗計です。このファンクショ­ンにより、太陽電池ストリングを短絡しない方法で太陽電池の発電の影響を受けずに正
確な測定が可能になりました。

特長

1.「PVΩファンクション」で太陽光発電システムを安全に正確に測定可能
 IR4053には、「PVΩファンクション」を搭載しました。この機能を用いれば、日中に太陽光発電をしている設備でも、太陽電池ストリングを短絡せずに安全にかつ正確に絶縁抵抗値の測定ができるようになりました。また、従来の絶縁抵抗測定ファンクションも搭載していますので、パワーコンディショナ―などの設備の測定も1台で可能になります。「PVΩファンクション」の測定レンジは、500/1000Vの2レンジ、絶縁抵抗測定レンジは、50/125/250/500/1000Vの5レンジを用意しています。
2.測定箇所の多い太陽光発電システムの絶縁抵抗に最適な測定時間
 「PVΩファンクション」では4秒以内に測定結果が表示されます。また、通常の絶縁抵抗測定では、1秒で測定結果が表示されます。これにより、測定箇所が多い場合でも、素早く測定を終えることができます。
3.メガソーラーの開放電圧点検に対応し、DC1000V測定が可能
 メガソーラーに代表されるように、現在太陽光発電システムは大規模化が進んでいます。これに伴い、発電される電圧も大きくなっています。ストリングの開放電圧など、太陽光発電パネルの性能を調べるには、開放電圧を測定する必要があります。IR4053では電圧測定ファンクションを搭載し、DC1000Vまでの測定が可能になりました。

 
■主な使用用途
 ・太陽光発電システムの保守管理
 ・太陽光発電システムの設置工事 など

製品紹介ページ

HIOKI クランプオンパワーロガーPW3365-10製品紹介

HIOKI クランプオンパワーロガーPW3365-10製品紹介

クランプオンパワーロガーPW3365-10は被覆電線の上から金属非接触で電圧測定­ができる、安心便利なクランプ電力計です。
短絡事故や感電事故を回避する安全性とケーブルの上から結線し電力測定する利便性を実­現しました。省エネの取組みによる電力削減など、効果の確認・見える化にご活用いただ­けます。

特長

● ケーブルの上から電圧測定、短絡の危険ゼロ
● ビルやオフィスの電力測定に、省エネ活動の確認に最適
● 単相から三相4線、400Vラインまで対応
● 最小50.000mAレンジから漏れ電流の測定が可能(オプションのセンサ必要)
● SDカードに長期保存可能
● 設定ナビ機能が確実な接続をサポート(接続状態をリアルなグラフィック画面でご案内)
● 単相から三相4線、400Vラインまで対応

 

製品紹介ページ