興味のあるカテゴリを選択して下さい。

カテゴリー表示モード:標準 | RC2

月別アーカイブ : 12月 2009

東神電気、ホットステック用先端工具(電線の皮剥ぎ器)

東神電気、ホットステック用先端工具(電線の皮剥ぎ器)

東神電気の安全性と操作性に優れた、ホットスティック工法用先端工具。(今回は電線の皮剥ぎ器です。)

ホットスティック工法
ホットスティックとは絶縁棒を用い、直接人の手が電線に触れぬよう間接的に活線作業する工法です。

日本の景観、電線類地中化を考える

日本の景観、電線類地中化を考える

残念ながら武田鉄矢さんはお休みの回です。
60分番組を6つに分割してあります
Part1
Part2
Part3
Part4
Part5
Part6

2009年8月9日(日)11:00~12:00 放映
『武田鉄矢の週刊鉄学』 CS朝日ニュースター

特集:日本の景観、電線類地中化を考える

①日本の電線の現状
②電線地中化で町並み、風景が変わる!
③景観を守り創るためには?
④なぜ、日本の電柱は無くならないか?

総合司会
松原隆一郎氏(東大大学院教授)
伊藤 聡子氏(キャスター)

ゲスト
仲津真治氏(元国土庁審議官)
井上利一氏(株式会社ジオリゾーム 代表取締役     NPO法人電線のない街づくり支援ネットワーク 理事 )
井上利一氏ブログ「ツイてる!社長の元氣がでるブログ」

http://blog.livedoor.jp/drj1966/

NPO「電線の無い街づくり支援ネットワーク」

http://nponpc.org/default.aspx

川田テクノシステム、電子納品媒体作成支援ツール電納ヘルパー

川田テクノシステム、電子納品媒体作成支援ツール電納ヘルパー

愛媛県八幡浜市モリタ電工様ブログより

製品サポート時の様子です。

電納ヘルパー
電子納品では、各種基準に規定されている内容に従い、ファイルの作成、名称設定、管理情報作成など煩雑な作業が必要になります。また、写真や図面など、大量のファイルを扱う場合には、作業量が膨大になる可能性があります。電子納品支援ソフトウェアに要求される機能は、単なる管理ファイル(XMLファイル)の作成や、ファイルの名前付けだけではありません。「電納ヘルパー」は大量のファイルを扱う実際の業務を想定し、その効率化を目指したソフトウェアです。

パナソニック電工、小型簡易電力計 KW1M-Rエコパワーメータ(無線内蔵タイプ)

パナソニック電工、小型簡易電力計 KW1M-Rエコパワーメータ(無線内蔵タイプ)

無線内蔵で自動ルーティング方式採用、簡単設定で自動で無線ネットワーク構築が可能な 「KW1M-Rエコパワーメータ(無線内蔵タイプ)」新発売。
パナソニック電工株式会社は、省エネ活動の「見える化」導入を支援する小型簡易電力計「エコパワーメータ」の品揃えを拡充。複雑な設定なしで、簡単にネットワーク構築が可能な「KW1M-Rエコパワーメータ(無線内蔵タイプ)」を2009年8月5日発売。

中部電力、SMES 超電導電力貯蔵システム

中部電力 SMES 超電導電力貯蔵システム

SMES 超電導電力貯蔵システムとは電力の貯蔵と放出を随時繰り返し行う事が出来るシステムである。超伝導とは電気の抵抗をゼロにして電気を通すことです。特定の元素や化合物を冷やすことにより、当然電気抵抗が消え、超電導状態になります。電気を流しても超電導では一定の磁場を発生し続けるため電気エネルギーは磁場エネルギーとして貯蔵できます。

SMESは工場に導入され、雷等による瞬時電圧低下による被害から負荷を一括して補償 のためのバックアップ、検証も行っています。

このシステムのもう一つの特徴は周波数が変動する場所でも、急激な負荷変動にも対応す るので安定した電力を提供できることにあります。

中部電力は古河電気工業の協力を得て、電力1万kWを提供できるSMESシステムを設 置しています。

ひたちなかテクノセンター、2次元コードで結線チェックするケーブル結線チェッカー

ひたちなかテクノセンター、2次元コードで結線チェックするケーブル結線チェッカー

【特長】

  • 2次元コードで結線チェック
    ケーブルに付けたタグの表面にケーブル線番を2次元コードで印字し、この2次元コードを読み取るだけで、端子台の結線作業がチェック出来ます。
  • 携帯サイズのチェッカーのみで結線チェック
    チェッカーに充電しながら設計情報を入力し、結果はチェッカーの液晶画面に表示されます。携帯電話サイズのチェッカーは機動性抜群です。現場でPDAやパソコンは不要です。
  • 結線端子付きのケーブルへ後からタグ挿入可能
    既設の結線端子付きケーブルへ、後からタグを挿入、取り付け出来ます。既設ケーブルを再使用時、結線端子の切断作業が不要となり、改造工事などで作業の効率化が図れます。シーケンス変更によるケーブル線番変更でも、結線端子を切り離さず、タグを交換出来ます。
  • 専用マスキングで正確な2次元コードの読み取り
    隣り合うケーブルと近接して結線されたケーブルの2次元コード線番を、チェッカーに取り付けた専用マスキングで、目標の2次元コードのみを狙って読み取り出来ます。
  • 画像認識技術の活用でタグの取り付けチェック
    ケーブルに設計で指示したタグが取り付けられているのを、多芯ケーブルのケーブル被覆色をベースに、画像認識技術を活用して確認する事が出来ます。

お問合せ

株式会社ひたちなかテクノセンター
電話:029-264-2200