三菱電機 店舗など向けダクト用換気扇「DCブラシレスモーター搭載タイプ」を発売

執事
Categories: 未分類

事務所・店舗などに適した大風量シリーズ三菱ダクト用換気扇「DCブラシレスモーター搭載タイプ」新製品発売

三菱電機株式会社は、ダクト用換気扇の新製品として、大きな換気風量と省エネが求められる事務所・店舗などに適した「大風量シリーズ」をはじめとする「DC(直流)ブラシレスモーター搭載タイプ」19機種を5月1日から順次発売します。

■新製品の特長
1.「大風量シリーズ」や「消音タイプ」など、ラインアップを拡充
・大風量シリーズ(8機種)(※1)や消音タイプ(2機種)など19機種を新たに市場投入することで「DCブラシレスモーター搭載タイプ」で業界最多(※2)となる全39機種にラインアップ拡充
・同等風量のACモーター搭載タイプに比べ、消費電力を最大約66%削減(※3)

※1:強運転時の開放風量が460m3/h以上の製品
※2:2015年2月18日現在、当社調べ
※3:当社ACモーター搭載タイプ(VD-20ZLXP9-CS)と当社DCブラシレスモーター搭載の新製品(VD-20ZVX3-C)との比較(ともに60Hz弱運転、直管相当20m配管時)

2.小形・軽量ながらACモーター搭載タイプと同等風量を確保し、省施工に寄与
・高効率なDCブラシレスモーター搭載で、ACモーター搭載タイプより小形・軽量な本体ながら同等風量を確保(※4)することで、一まわり小さい天井開口寸法で施工でき、省施工に寄与
・消音タイプは、独自の消音構造でACモーター搭載タイプと同等(※5)の運転音を維持

※4:ACモーター搭載タイプ(VD-20ZLX9-CS)と新製品(VD-18ZVX3-C)との比較(ともに60Hz、直管相当20m配管時、ACモーター搭載タイプは強運転、DCモーター搭載タイプは急速運転)
※5:ACモーター搭載タイプ(VD-20ZLX9-CS)と新製品(VD-18ZVXE3-FP)、およびACモーター搭載タイプ (VD-23ZLX9-CS)と新製品(VD-20ZVXE3-FP)との比較(ともに直管相当20m配管時、ACモーター搭載タイプは強・弱運転、DC モーター搭載タイプは急速・弱運転)

3.新技術「ハイブリッドナノコーティング・プラス」で、省メンテナンスを実現
・「ハイブリッドナノコーティング・プラス」採用(※6)で、羽根の防汚性能を向上
・汚れ付着量は、現行の「ハイブリッドナノコーティング(R)」と比べて約2分の1に(※7)、コーティング無しの場合との比較では約10分の1(※7)に低減
・汚れ付着による羽根清掃の手間を軽減するとともに、換気風量の低下や運転音増大を抑制

※6:台所用(VD-23ZV3)を除く新製品のシロッコファンに採用
※7:プラスチック製試験片を用いた当社基準による汚れ吹付け試験において

■発売の狙い
2012年12月の省エネルギー基準改正以降、建物の省エネ性の判断基準は、一次エネルギー消費量を指標とした評価へと移行するなか、換気設備の省エネ対策として、ACモーターに比べ消費電力が少ないDCブラシレスモーター搭載タイプが注目されています。
当社は今回、改正省エネ基準やネット・ゼロ・エネルギー・ハウス(ZEH)、認定低炭素住宅などの仕様要件に対応したダクト用換気扇「DCブラシレスモー ター搭載タイプ」において、大風量シリーズ(※1)など19機種を発売します。これにより、住宅に加えて事務所や店舗など、より多くのシーンで建物内の消 費電力低減に貢献します。

■商標関連
「ハイブリッドナノコーティング(R)」は三菱電機株式会社の登録商標です。

■製品担当
三菱電機株式会社 中津川製作所
〒508-8666 岐阜県中津川市駒場町1番3号

<お客様からのお問い合わせ先>
三菱電機株式会社 中津川製作所 営業部 電材営業課
TEL 0573-66-8215


2月
2

【日立アプライアンス】 設置スペースに合わせて3タイプ スクロールチラーユニット

執事
Categories: 未分類

スクロールチラーユニット(モジュールタイプ)「MATRIX i-Style(マトリクスアイ-スタイル)」を発売

日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典)は、ビルや工場の空調用途などの熱源機として使用する、スクロールチラーユニット(モジュー ルタイプ)「MATRIX i-Style(マトリクスアイ-スタイル)」(空冷ヒートポンプ式/空冷式全 36機種)を 2015年1月5日から順次受 注開始します。

本シリーズは、3タイプの製品形状(標準設置タイプ・リ ニューアル設置タイプ・横連続設置タイプ)をラインアップしました。多様な設置スペースに配置しやすい形状を選択することで、効率の良いレイアウトが可能 になります。また、高効率インバータースクロール圧縮機の搭載と冷凍サイクル・水熱交換器の改良などにより、全負荷運転・部分負荷運転を問わず優れた運転 性能を発揮します。これにより、全負荷運転では冷却能力85kWクラス(30馬力相当)において業界トップクラス(*1)の冷却 COP4.01(*2) を実現するとともに、部分負荷運転でもIPLVc(*3)6.0の高効率化を図りました。また、当社従来機(*4)と比較した場合、年間消費電力量を約4 割(*5)低減します。
さらに、本製品は1モジュールにつき4つの独立した冷凍サイクルで構成しているため、1冷凍サイクルに故障が発生した場 合でも、他の冷凍サイクルが正常稼働していれば完全停止のリスクを回避できます。また、最大8モジュールまで1グループとして組み合わせることが可能で す。この場合も同様に、あるモジュールに故障が発生しても、他の正常なモジュールがバックアップ運転を行うため、システム全体の運転持続性を向上します。

(*1)2014年12月4日現在。冷却能力85kWクラス(30馬力相当)・空冷ヒートポンプ式/空冷式チラーユニット・非散水仕様において。当社調べ。
(*2)空気側熱交換器入口空気乾球温度35℃・冷水入口温度14℃・冷水出口温度7℃[定格時:3.85<空気側熱交換器入口空気乾球温度35℃・冷水入口温度12℃・冷水出口温度7℃、JRA4066:2014「ウォータチリングユニット」に基づく>]
(*3)IPLVc(Integrated Part Load Value,Cooling):冷却期間成績係数。チラーユニットにおいて、一般空調用 の冷却時における部分負荷効率を表す指数。この指数が高いほど運転効率が高いことを示す。JRA4066:2014「ウォータチリングユニット」に基づ く。
(*4)当社15年前製品RHUJ1180AZ(40馬力相当)2台。
(*5)当社15年前製品RHUJ1180AZ(40馬力相当)2台と「MATRIX i-Style」RHNP850AV(30馬力相当)3モジュール組合せとの比較。
50Hz地区では約42%、60Hz地区では約44%低減。詳細はP.4の(*4)および(図2)を参照。

■新製品の主な特長<スクロールチラーユニット(モジュールタイプ)「MATRIX i-Style」>
1.3タイプの製品形状により効率の良いレイアウトが可能 [New]
2.業界トップクラスの冷却COP(冷却能力85kWクラス[30馬力相当]において)を実現し、年間消費電力量を当社従来機に対し約4割削減 [New]
3.独立した冷凍サイクルと台数制御機能により完全停止のリスク回避が可能 [New]

■需要動向および開発背景
1990年代に多数導入された熱源機が更新時期を迎えていることなどから、リニューアルが容易な熱源機への需要が高まっています。また、一般的な空調用途 で使用する場合は、全負荷で運転される時間は全体の1%程度(*6)であり、部分負荷での稼働時間が圧倒的に長いことなどから、近年では部分負荷効率の向 上が課題となっていました。
そこで当社では、リニューアルが容易に行えるように、3タイプの製品形状をラインアップしました。また、全負荷運転時の性能だけでなく、実使用時に近い条件下となる部分負荷運転時の性能も向上させることにより、年間消費電力量の大幅な低減を実現しました。
(*6)出典:JRA4062:2010「空調用熱源機の期間成績係数算出基準」

■取扱事業部・照会先
日立アプライアンス株式会社
空調事業部
空調グローバル戦略本部
商品企画部
〒105-0022東京都港区海岸一丁目16番1号(ニューピア竹芝サウスタワー)
電話 050-3154-3950(ダイヤルイン)

■チラーユニットホームページ
http://www.hitachi-ap.co.jp/products/business/ac/chiller/index.html


12月
12

三菱電機 扁平管熱交換器採用のビル用マルチエアコン「グランマルチシリーズ」

執事
Categories: 未分類

ビル用マルチエアコンで世界初の扁平管熱交換器採用により、業界トップの省エネを実現

ビル用マルチエアコン「グランマルチシリーズ」発売のお知らせ

三菱電機 扁平管熱交換器採用のビル用マルチエアコン「グランマルチシリーズ」三菱電機株式会社は、ビル用マルチエアコン発売30周年記念モデルとして、ビル用マルチエアコンで世界初(※1)の扁平管熱交換器採用により、業界トップ(※1)の通年エネルギー消費効率(APF)を実現した「グランマルチシリーズ」15機種を10月1日に発売します。
※1:2013年7月9日現在 当社調べ ビル用マルチエアコンにおいて

<新製品の特長>

1.世界初の扁平管熱交換器採用で、業界トップの省エネを実現
・ビル用マルチエアコンで世界初(※1)の扁平管熱交換器を採用し、熱交換効率を向上
・当社独自の冷媒分配回路や高効率圧縮機を搭載
・省エネルギー法対象の全機種で2015年省エネ基準値を上回る高APFを実現し、年間電気代の削減とCO2排出量抑制を実現

2.外気温が高い時でも冷房運転が可能

・扁平管熱交換器の採用により、外気温50℃まで冷房運転可能
・外気温が高いときに冷房運転する場合の熱交換効率を向上させ、省エネを実現

3.圧縮機の冷媒寝込み防止に必要な電力量を最大約50%削減
・誘導加熱モーター採用により、圧縮機の冷媒寝込み(※2)防止に必要な電力量を最大約50%削減(※3)
※2:運転停止時に冷媒が圧縮機底部に液状態でたまっている現象
※3:現行シティマルチシリーズとの比較

<製品担当/お客様からのお問い合わせ先>
三菱電機株式会社 冷熱システム製作所
営業部 空調営業課
〒640-8686 和歌山市手平六丁目5-66
TEL:073-436-9815


7月
7

パナソニック 天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」

執事
Categories: 未分類

省施工になった天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」

16.5m2(10畳)タイプ FY-16Sを発売
場所を取らずに室内の気になるニオイを脱臭(※1)

パナソニック  天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」
品名:天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」
品番:FY-16S
希望小売価格(税込):38,430円(税込・工事費別)
発売日:2013年6月1日
販売目標:20,000台/年(2013年度)・40,000台/年(2014年度)

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、当社独自の水に包まれた微粒子イオン「ナノイー」を搭載し、お部屋の気になるニオイを脱臭する天井埋込形ナノイー発生機「エアイー」の16.5m2(10畳)タイプFY-16Sを6月1日より発売します。

本製品は、昨年4月に発売しました10m2(6畳)タイプのFY-10Sが好評をいただいており、住宅だけでなくホテルや飲食店舗、高齢者施設など非住宅分野のニオイ対策としてのお引き合いを多数いただいたことから、より広い空間に対応するために開発しました。
既発売のFY-10S同様、当社独自の「ナノイー」技術によりタバコ臭、体臭、ペット臭など室内に付着した気になるニオイを脱臭します。低消費電力、薄形 コンパクト設計の天井埋込形なので場所をとらずインテリアにすっきり収まります。加えて本製品は、本体にスイッチがついているので壁内配線工事が困難な既 設空間への取り付けもより簡単、複数台運転も別売スイッチ1台で最大14台可能となり、より省施工となりました。ナノイー発生ユニット2個搭載することに よる広さへの対応と施工面でお客さまのご要望にお応えしました。

<特長>
1.「ナノイー」で気になるニオイを脱臭
2.インテリアすっきり、低消費電力と省メンテナンスで経済的
3.本体スイッチ付なので壁内配線が困難な場所でも設置可能

※1:○試験機関:パナソニック エコシステムズ株式会社 ○試験方法:10畳の実験室においてFY-16Sを8時間運転後、6段階臭気強度表示法による 検証 ○対象:付着したタバコ臭、付着したノネナール、付着したトリメチルアミン ○試験結果:8時間後、臭気強度1低減(自然減衰との差)。臭気強度が 1下がるとは90%の低減を意味します。脱臭効果は周囲環境(温度・湿度)、運転時間、臭気、繊維の種類によって異なります。また、タバコに含まれる有害 物質(一酸化炭素等)は除去できません。常時発生し続けるニオイ成分はすべて除去できるわけではありません。


5月
5