三菱重工空調システム ウイルス・浮遊菌を抑制する本格的自動車用空気清浄機

執事
Categories: 空気清浄機

酵素フィルターを採用した初の本格的自動車用空気清浄機を発売
“W除菌”でウイルス・浮遊菌を抑制、新型ウイルス・花粉対策にも威力

三菱重工空調システム株式会社(社長:堀田 謙一、本社:東京都品川区西五反田7-25-5、三菱重工業が100%出資)は、自動車用空気清浄機を、11月25日から販売します。プラズマイオンによる噴出除菌(※1)と、BIO(バイオ)フィルターによる吸着除菌(※2)の“W除菌”、活性炭と電気集塵システム、プレフィルターにより、細菌やウイルス、ホコリ・花粉から臭いまで、効果を発揮できるのが特長。初の本格的な車載型空気清浄機として、拡販していく考えです。

品揃えは2機種で、利用できる車内DC(直流)電源の電圧別に、乗用車・タクシー用「CTC015-12V」とトラック用「CTC015-24V」を用意しました。本体は“カマボコ型”で、高さ55×幅127×奥行168mmとコンパクト。電源のシガーライターソケットから付属のカーアダプターでつなぎ、マジックテープや専用のシート取付用ベルトなどで、ダッシュボード上部やシート背面部など都合のよい場所を選んで自由に設置(※3)できます。

本体後面から吸い込まれた空気は、4重構造のフィルターを順次通過。まず、プレフィルターが大きなゴミ、チリやホコリを除去した後、電気集塵フィルターが残ったチリやホコリ、花粉などを除きます。次に脱臭(活性炭)フィルターが、独自の「MSC活性炭」により、排気ガスやタバコなど臭いのもとを脱臭します。
最後のW除菌では、BIOフィルターが細菌、カビ、ウイルス活動を、その細胞壁(タンパク質)に酵素で働きかけることにより抑制(※2)。クリーンになった空気とともにプラズマイオンが発生して前面から噴き出し、1cm3あたり150万個(※4)のイオン濃度で車内にただようウイルスや浮遊菌まで抑制(※1)します。新型ウイルス・花粉対策にも最適です。

フィルター交換の目安は、プレフィルターとBIOフィルターが1年で、脱臭フィルターが6ヵ月。電気集塵フィルターは水洗い可能で交換の必要がありません。別売品として、交換用フィルターセットと、シート取付用ベルト、DC12VとDC24Vのカーアダプターも用意しています。

※1=【試験機関】(財)北里環境科学センター【試験番号】北生発22-0022-1号
【試験方法】1m3の試験ボックス内に本機を設置し、ウイルスを浮遊させ、本機をプラズマイオン運転し経時的にボックス内のウイルス数を測定【試験結果】60分後のウイルス99.86%除去。

※2=【試験機関】(財)北里環境科学センター【試験番号】北環発21-0069号【試験方法】ウイルス液をBIOフィルター(5×5cm)に接種し、24時間後のウイルス感染価を測定【試験結果】24時間後のウイルス99.1%除去。

※3=車種によっては、設置面の形状などにより設置できない場所がある。
シガーライターソケットの位置によりカーアダプターが届かない場合は、市販の延長アダプターを利用。

※4=本体噴き出し前方50cm、高さ70cmの地点

三菱重工空調システム


11月
11

三洋電機 大空間向け空間清浄システム「ダクト式空調組込みタイプ」を発売

執事
Categories: 空気清浄機

水の力で空気を洗う“ウイルスウォッシャー機能”搭載
大空間向け空間清浄システム「ダクト式空調組込みタイプ」を発売

三洋電機株式会社は、長年培ってきた電解水技術を元に、“水の力で空気を洗う”という発想から生まれた“ウイルスウォッシャー機能”を搭載した商品 を2006年より発売してまいりました。電解水技術により、空気中に浮遊する菌※1、ウイルス※2、花粉などのアレル物質を抑制※3、脱臭※4する機能に より、パーソナルな空間から映画館などの大空間まで、幅広い空間をターゲットに快適空間を提供しています。多くの人が集う場所の空気を浄化する業務用で は、2006年に据置タイプの「空間清浄システム」を、2008年からはより大きな空間向けに「ルーフトップエアコン組込み方式」の空間清浄システムを商 品化しシネコンに納入しています。
今回は新たに、劇場、ホールから大型商業施設などの大きな空間で多く設置されているダクト式空調機に組込む大空間向け空間清浄システム「ダクト式空調組込 みタイプ」として、「チャンバーBOX組込み方式」、「エアハンドリングユニット組込み方式」の2方式を、6月から受注開始いたします。
当社は今後も、電解水技術による“ウイルスウォッシャー機能”搭載機器で、パーソナルな空間から人が集まる大空間までキレイな空気を提供していきます。

特 長
1.劇場、ホールから大型商業施設まで空間清浄する、ダクト式空調組込みタイプ
「チャンバーBOX組込み方式」、「エアハンドリングユニット組込み方式」の2方式を発売

2.電解水技術で、菌、ウイルス、アレル物質、気になるニオイなどを抑制する“ウイルスウォッシャー機能”搭載

3.加湿効果でうるおいのある空間を実現

※1 試験機関:群馬県衛生環境研究所。試験方法:約2m2・試験BOXに細菌を浮遊させ空間清浄システム(VW-VF8A)動作後の浮遊生菌数を混釈平板法に て測定。5分間で浮遊細菌99.9%以上除菌。
※2 試験機関:群馬県衛生環境研究所。実験方法:除菌エレメントに浮遊ウイルスを含んだ空気を通過させ、通過後のウイルスを捕集後TCID50法により培養細 胞への感染力を計測。1回の通過で浮遊ウイルスを99%以上抑制。
※3 試験機関:大阪医科大学。試験方法:0.275m2・試験BOX内の花粉アレル物質に対し、除菌電解ミストを放出、花粉アレル物質の低減を酵素抗体法で測 定。
※4 試験機関:当社測定。試験方法:275L試験BOX内を一定濃度の各臭い成分で満たし、その中で除菌エレメントを運転させ成分濃度を検知管方式にて測定。 測定臭気成分(アンモニア、トリメチルアミン、酢酸、アセトアルデヒド、メチルメルカプタン、硫化水素)。タバコの有害物質(一酸化炭素など)は除去でき ません。常時発生し続けるニオイ成分(建材・ペット臭等)はすべて除去できるわけではありません。

関連WEBサイト
・三洋電機ウイルスウォッシャー商品紹介WEBサイト
http://jp.sanyo.com/vw/large_space/

・三洋電機大空間の空気ソリューションWEBサイト
http://jp.sanyo.com/solution/large_space/

Ⅰ.概要
昨年の新型インフルエンザ流行やそれに伴う社会的影響への懸念から、不特定多数の人々が集まる大規模施設の空間清浄の要望が高まっています。また、企業に おいては、BCP※5対策として空間清浄に対する取り組みも増えています。こうした背景の中、当社は、電解水技術を用いた、水の力で空気を洗う“ウイルス ウォッシャー機能”を搭載した「空間清浄システム」をこれまで提供してきました。
今回は、さらに多くの大規模施設に対応できるよう、大規模空間に多く設置されている空調機であるダクト式空調に、電解水を湿潤させた除菌エレメントを組み 込んで空間清浄を行う、2つの方式の業務用空間清浄システムをラインナップに追加します。従来の空調は空気の温度管理のみをするものでしたが、“ウイルス ウォッシャー機能”搭載「大空間向け空間清浄システム」は、空調の温度管理に加え、空気の質までも管理することが可能です。

※5 Business Continuity Plan事業継続計画

Ⅱ.特長
1.劇場、ホールから大型商業施設まで空間清浄する、ダクト式空調組込みタイプ
「チャンバーBOX組込み方式」、「エアハンドリングユニット組込み方式」の2方式を発売
ウイルス抑制・除菌などに対する社会的関心の高まりから、大きな施設を管理・運営する事業者からは、安全で安心な空間をつくりお客様を迎えたい、という ニーズが高まってきております。当社はこれまでも、最大100㎡の広い空間を浄化する据え置きタイプの機器を提供してきましたが、より大きな空間を運営す る事業者からは、複数台の設置はメンテナンス、スペース、施設デザインの面で負担がかかるため、機械室などのバックヤードに空気浄化機器を設置して一括管 理をしたい、という要望を受けていました。
そこで、大型施設で主に使われている、ダクト式空調に最適な空間清浄システム、「チャンバーBOX組込み方式」、「エアハンドリングユニット組込み方式」 の2機種を開発いたしました。
ダクト式空調では、空調機で温度調整された空気が天井裏などに配管されたダクトを通して施設内へ送られます。ダクト式空調に組込むタイプの空間清浄システ ムには、組み込む空調機の内部構造や送風ダクト構造に適合させた数種の方式がありますが、今回ラインナップに加えるのは、主に中規模、大規模施設の空調機 に設置する「チャンバーBOX組込み方式」「エアハンドリングユニット組込み方式」の2方式になります。
「チャンバーBOX組込み方式」は、送風路上のチャンバーBOX(空気の混合・分岐などの目的で設置される箱状の装置)内部に、「エアハンドリングユニッ ト組込み方式」では、エアハンドリングユニット(大型の空気調和機)内部に除菌エレメントを組込み、空間清浄を行います。
両方式とも、従来の一般的な床置型の空気清浄機や空調ダクトの個々の吹き出し口に取り付ける吹き出し口組込み型の空気清浄機が空調をおこなう空間に複数台 の機器を設置する必要があるのに対し、機械室内に設置してメンテナンス作業を行うため、事業者が管理しやすいことに加え、施設を訪れるお客様にご不便をお かけすることもありません。

【参考】
◆ダクト式空調組込みタイプとは、大型空調機の送風路の中に除菌エレメントを組み込んだもの。
◆ダクト式空調組込みタイプ・チャンバーBOX組込み方式とは、送風路上のチャンバーBOX(空気の混合・分岐などの目的で設置される箱状の装置)内部に 除菌エレメントを組込んだもの。
◆ダクト式空調組込みタイプ・エアハンドリングユニット組込み方式とは、エアハンドリングユニット(大型の空気調和機)内部に除菌エレメントを組込んだも の。

2.電解水技術で、菌、ウイルス、アレル物質、気になるニオイなどを抑制する
“ウイルスウォッシャー機能”搭載 水道水を電気分解して生成される電解水を浸透させた除菌エレメントに、室内の空気を通過させることにより、効率よく電解水と空気を接触させ、電解水に含ま れる2種類の活性酸素「次亜塩素酸」と「OHラジカル」で、空気浄化を行います。除菌エレメントは、空気を1回通過させるだけで、ウイルスや菌を大幅に抑 制します。今回の2方式は、1システムで最大、冷房能力280/315kW(50/60Hz)までの空調機に対応するもので、空調機の能力に応じてのシス テム増設も可能にしています。

※2 試験機関:群馬県衛生環境研究所。実験方法:電解水除菌エレメント内に浮遊ウイルスを含んだ空気を通過させ、通過後のウイルスを捕集後TCID50法によ り培養細胞への感染力を計測。1回の通過で浮遊ウイルスを99%以上抑制。

3.加湿効果でうるおいのある空間を実現
電解水を浸透させた除菌エレメントは、気化式の加湿器と同等の効果があり、除菌エレメントを通過した空気は適度な水分を含んでいるため、乾燥する冬場には 潤いのある高い加湿効果を得ることができます。
なお、気化式の加湿器は、空気が乾燥しているときほど多くの加湿を行う方式であり、湿度の高い夏場には過度な加湿を行うことがなく、快適な空間を提供しま す。

4.その他の特長
・電解水ユニットは、最大64台まで一括遠隔監視が可能。
・省電力で大空間を浄化可能(冷房能力50/56kW(50/60Hz)の空調機が空調をおこなう空調空間を、消費電力60Wの空間清浄システムで浄化)
・電解水循環方式採用により使用水量の最大75%を有効利用し、省資源化を実現(一般的な加湿ユニットと比較して)。

お問い合わせ先・資料請求先
三洋電機販売株式会社開発営業2部
〒110-8534東京都台東区上野1-1-10
TEL:03-6364-3731


6月
6

パナソニック電工、壁埋込みタイプの空気循環パネル「エアロウォッシャー」

執事
Categories: 空気清浄機

「ナノイー」技術と調湿・脱臭機能を搭載した空気循環パネル<エアロウォッシャー>新発売

結露の軽減や不快なニオイの抑制で、1年を通してお部屋の空気をキレイに
パナソニック電工、壁埋込みタイプの空気循環パネルパナソニック電工株式会社は、新たな住宅建材として、花粉・カビ菌の抑制に効果がある「ナノイー」技術と、調湿、脱臭機能(※1)を搭載した壁埋込みタイプの空気循環パネル<エアロウォッシャー>を2010年3月1日より発売します。
当社ではこれまで、壁材や天井材、また床材といった建材へ機能を付加した製品の開発を推進してきましたが、今回、空気の「質」と空間にすっきりと納まる壁 埋込みのデザインにこだわった<エアロウォッシャー>を開発。約2mの高さから「ナノイー」を放出し、下部からは空気を吸い込むことで調湿・脱臭を行いま す。1年を通して自動で運転することにより、冬場の結露の発生を軽減したり、不快なニオイを抑制するなど、お部屋の空気をキレイに保ちます。電気代は1日 わずか3.6円(※2)。壁と一体化し、空間にすっきり馴染むので掃除の煩わしさも軽減します。家族が集まるリビングや人の出入りが多い玄関、ペットのい るお部屋などに最適です。

※1:空気清浄機(集じん機能)、加湿機、除湿機の機能はありません。
※2:親パネル1台運転、標準運転、「ナノイー」作動、1日24時間運転(梅雨時期を想定)で、電気料金目安22円/kWh(税込み)として試算した場合の電気代。

製品名:「ナノイー」搭載空気循環パネル<エアロウォッシャー>
サイズ(mm):見かけ/幅450(約350)×奥行き15(約55)×高さ2200~2600
( )内 躯体埋込部
定格電圧・定格周波数:AC100V・50/60Hz
表面材:樹脂化粧シート
基材:無機材複合合板
発売日:2010年3月1日
希望小売価格(税込・工事費別):
120,750円(税抜115,000円)/
(10畳対応[親パネル1台・コントローラー用コード(5m)]の場合)
親パネル1セット:120,750円
子パネル1セット:68,250円
(コントローラー用コード(5m)、パネル間コード(5m)の場合)
(子パネルは単独使用はできません。親パネルとの組合せが必要です。)
販売目標:1.5億円/年(2010年度)

■主な特長
(1)花粉・カビ菌を抑制する「ナノイー」技術を搭載
(2)調湿により結露の発生を軽減、カビが繁殖しにくい環境にし、さらに不快なニオイも脱臭
(3)壁埋め込みタイプなので空間すっきり、掃除の煩わしさも軽減

パナソニック電工株式会社


1月
1

シャープ、パーソナルタイプのプラズマクラスター加湿イオン発生機を発売

執事
Categories: 空気清浄機

プラズマクラスターイオン発生機と加湿機の一体型プラズマクラスター加湿イオン発生機を発売

091026_02シャープは、新たに加湿機能(290mL/h)を搭載したプラズマクラスター加湿イオン発生機<IG-BK100(パーソナルタイプ・6畳用)>を12月3日から発売します。

本機は、「高濃度プラズマクラスター25000(イオン濃度25,000個/cm3)(※1)」により、浮遊ウイルスを抑制し、浮遊カビ菌・アレル物質(ダニのふんや死がいなど)、カーテンや衣類などに付着したニオイを分解・除去します。

また、自動加湿運転により室内を快適な湿度約60%に保ち、のど、鼻の粘膜やお肌を乾燥から守ります。

前後・左右に調節できるルーバーを採用し、人の周りにイオンとうるおいを効果的に届けます。除菌と加湿のニーズが高い寝室に、コンパクトに設置できます。

当社は、2008年10月にプラズマクラスターイオン発生機のパーソナルタイプ(6畳用)を発売して以来、ポータブルタイプ(1畳用)、リビングタイプ (12畳用)など、設置空間に合わせてラインアップを拡大してまいりました。今回は、寝室に適した加湿機能付のパーソナルタイプを加えました。

品名       : プラズマクラスター加湿イオン発生機
形名       : IG-BK100-W(ホワイト系)
IG-BK100-R(レッド系)
IG-BK100-B(ブラック系)
希望小売価格 : オープン
発売日     : 12月3日
月産台数    : 15,000台

■主な特長

1.「高濃度プラズマクラスター25000」が、浮遊ウイルスを抑制し、浮遊カビ菌・アレル物質、付着したニオイを分解・除去。さらに、付着カビ菌の増殖も抑制

2.加湿機能(290mL/h)が部屋の湿度を快適な約60%に保ち、のど、鼻の粘膜やお肌の乾燥を防止

3.前後・左右に調節できるルーバーを採用。人の周りにイオンとうるおいを効果的に放出

※1 25000は、高濃度プラズマクラスターイオン発生ユニット搭載のプラズマクラスターイオン発生機を壁際に置いて、風量最大運転時に適用床面積の部屋の中央付近(床上から高さ1.2m)の地点で測定した空中に吹き出される1cm3当たりのイオン個数の目安です。

新製品の発売前に!
まだまだいけます


10月
10