三菱電機、省エネ性をさらに高めたルームエアコン「霧ヶ峰ムーブアイ」

執事

省エネと暖房能力No.1。したい気持ちを選ぶ「快適セレクト」 2011年度 三菱ルームエアコン「霧ヶ峰ムーブアイ」発売のお知らせ

三菱電機 
三菱電機株式会社は、ルームエアコン「霧ヶ峰ムーブアイ」の新商品として、次世代のパワー半導体を採用して省エネ性をさらに高めた機種をはじめとするZW シリーズ10機種を10月下旬から順次発売します。大型液晶で、したい気持ちを直感的に選ぶ、まったく新しい操作感覚の「快適セレクト」を搭載しました。

新商品の特長

1.省エネと暖房能力No.1。2.8kWと3.6kWに世界で初めてSiC採用

・MSZ-ZW361Sは期間消費電力量1,110kWhで、省エネNo.1(※1)
2.8kWと3.6kWに世界で初めて(※2)炭化ケイ素(SiC)を用いた次世代パワー半導体を採用
SiCによりインバーターのスイッチング損失を約60%低減

・MSZ-ZW361Sは外気温2℃時の低温暖房能力が6.5kWで、暖房能力もNo.1(※1)

(※1):2010年8月24日現在。冷房定格能力が3.6kWクラスの家庭用ルームエアコンにおいて(当社調べ)
(※2):家庭用ルームエアコンのパワー半導体(トランスファーモールドIPM)に世界で初めてSiCを使用
冷房定格能力2.8kWのMSZ-ZW281Sと3.6kWのMSZ-ZW361S。2010年8月24日現在(当社調べ)

2.「3Dムーブアイ」が体感温度の違いを見分けて、ムダなく快適
・部屋を立体的に分析する「3Dムーブアイ」と、左右強弱を吹き分ける「3D気流フラップ」
・気流の吹き分けで、体感温度が違う人も共に快適
・人がいなくなったことを検知して「消し忘れオートOFF」が電源を自動でOFF

3.したい気持ちを絵で選べる新操作感覚の「快適セレクト」
・3.5インチの大型フルドット液晶に、文字や絵でわかりやすく表示する「らく楽アシスト」
・好みにあった快適さや希望する動作を絵で選ぶ新操作感覚の「快適セレクト」
・21のシーンから選んだ、したい気持ちを優先して自動運転

発売の概要

商品名       三菱ルームエアコン「霧ヶ峰ムーブアイ」

形名         ZWシリーズ

容量         2.2~7.1kW

希望小売価格   オープン

発売日       10月下旬より

月産台数      20,000台

発売の狙い

近年、省エネに対する関心が高まる中で、ルームエアコンの省エネは常に上位に挙げられています。当社は独自の赤外線センサー技術「ムーブアイ」を年々進化 させ、省エネと快適性の両立に取り組んできました。しかし、足元を暖めたい、風を当てたくない、心地よく眠りたいといった快適性のさらなる追求や、部屋干 ししたい、空気循環したいなどの希望に合った運転を、操作に慣れない人が行うのは難しいのが実情でした。

そこで当社は、次世代のパワー半導体を採用して効率をさらに高めながら、「○○したい」という希望をリモコンのメニューから選んで操作できる新商品を発売します。

なお、-15℃の低温下でも同等の定格暖房能力を発揮する寒冷地向け「HXVシリーズ」も後日発売します。

お問い合わせ先
三菱電機お客さま相談センター
TEL:0120-139-365


8月
8

Comments are closed.