日立アプライアンス、店舗・オフィス用パッケージエアコン「省エネの達人プレミアム」

執事

通年エネルギー消費効率(APF)で業界トップ(*1)を達成

店舗・オフィス用パッケージエアコン「省エネの達人プレミアム」と新型室内ユニット「てんかせ4方向」を発売


人の動きに応じて空調運転を自動制御する「人感センサー」の搭載などにより、省エネ性を向上
((*1-(1))店舗・オフィス用パッケージエアコン40型~280型において。335型を除く。)

日立アプライアンス株式会社(取締役社長:石津 尚澄)は、店舗・オフィス用パッケージエアコン「省エネの達人プレミアム」シリーズ(11タイプ、353機種)を2011年4月に発売します。

本シリーズでは、40型(1.5馬力相当)から280型(10馬力相当)において、年間のエネルギー消費効率を表す通年エネルギー消費効率(APF)で業 界トップの性能を実現しました。たとえば、店舗・オフィス用パッケージエアコンのボリュームゾーンである140型(5馬力相当)機種では、APF6.0を 達成しています。また、本シリーズは、省エネルギー法2015年基準値(*2)もクリアしています。

室内ユニットの「てんかせ4方 向」(40型から160型)では、室内の人の動きに応じて風量や風向設定を自動制御する「人感センサー」を搭載しました。さらに、従来から標準搭載してい る、1台の室外ユニットで複数台の室内ユニットを別々に制御できる「個別運転機能」においては、室内ユニットの接続可能台数を4台から8台(*3)に増や しました。「人感センサー」と「個別運転機能」を組み合わせることにより、通常運転に比べ省エネ性を向上(*4)します。なお、4つのルーバー(風向板) の角度をそれぞれ個別に調整(*5)できる「個別ルーバー設定機能」により、きめこまかな気流設定が可能な当社独自の吹き出しルーバー「シルキーフロー ルーバー」も引き続き搭載しました。

■型名および発売時期
「省エネの達人プレミアム」シリーズ
型名(相当馬力/機種数):40型~335型(1.5~12馬力相当/11タイプ 353機種(注2) )
希望小売価格(税抜き)(注1):462,000円~1,689,000円
発売時期:2011年4月上旬

(注1).価格は、新型室内ユニット(天井カセット形4方向吹き出しタイプ「てんかせ4方向」)、多機能リモコン「PC-ARF1」を含む。224,280,335型はツイン接続の場合。
(注2).タイプ数は室内ユニットの種類、機種数は室内ユニットと室外ユニットの組み合わせの数を示す。

■新製品の主な特長

1.業界トップの通年エネルギー消費効率(APF)を達成(*1)

2.「人感センサー」と「個別運転機能」で、通常運転に比べ省エネ性を向上

3.きめこまかな気流設定が可能な「シルキーフロールーバー」を引き続き搭載

(*1-(2))2011年1月27日現在。店舗・オフィス用パッケージエアコンの40型~280型において。335型は除く。「省エネの達人プレミアム」と新型「てんかせ4方向」の組み合わせにおいて。224型、280型は同時ツインの場合。
(*2)店舗・オフィス用パッケージエアコンの40型~280型において。335型は除く。「省エネの達人プレミアム」と新型「てんかせ4方向」の組み合わせにおいて。
(*3)224型~335型の場合において。
(*4)リモコンによる人感センサー運転の「有効」設定中であって、設定温度の補正前(3.83kW)に比べ1℃の補正時((※1))で最大約7% (3.83kW→3.53kW)の消費電力低減、設定温度の補正前に比べ2℃の補正時((※2))で最大約14%(3.83kW→3.29kW)の消費電 力低減の効果。省エネルギーの効果は、当社試験室で測定。測定条件は、JIS条件(冷房定格)で、室外ユニット「RAS-AP160GH」、と室内ユニッ ト「RCI-AP56K3」は3台接続し、室内ユニット3台の設定温度24℃で運転。人感センサーによる制御運転前の消費電力と、人感センサー制御により 3台のうち1台の設定温度を省エネルギーとなるほうに1℃補正、または2℃補正した場合の消費電力との比較。人感センサーは天井高さ2.7mに設置した状 態で、活動状態はそれぞれ次のとおり。
(※1):椅子に着席した状態で背伸びをするなど上体を動かす程度の比較的小さな動き、または人の不在を一定時間連続して検出したとき。
(※2):(※1)の状態でさらに人の不在のまま一定時間を経過したとき。
なお、上記に示す消費電力低減の数値は、日立独自の上記条件に基づいたものです。
(*5)室内ユニット「天かせ4方向」と多機能リモコンを組み合わせて使用した場合。

■需要動向および開発背景
地球温暖化防止の観点から、空調機器には消費電力量の低減が求められています。また、国の政策としてエネルギー消費の少ない高効率な製品の使用を促進するため、省エネルギー法では、2015年に達成すべき製品別の具体的な基準値が設定されています。
このような状況のもと、当社はこのたび、年間を通じて高い運転効率を発揮する、店舗・オフィス用パッケージエアコンの室外ユニット「省エネの達人プレミア ム」を開発しました。あわせて、人の動きを検出する「人感センサー」を搭載した室内ユニット「てんかせ4方向」を開発しました。これらを組み合わせて使用 することにより、1台の室外ユニットと1台の室内ユニットの接続時の効率向上を実現するだけでなく、最大8台の室内ユニットを接続した場合にも、個々の室 内ユニットが設置された環境に応じて自動的に空調運転を制御し、消費電力を低減します。なお、「省エネの達人プレミアム」シリーズでは、省エネルギー法 2015年基準値もクリアしています。

以上

日立アプライアンス(株) ホームページ


2月
2

Comments are closed.