日立アプライアンス 新除霜方式で快適性向上の寒冷地向けビル用マルチエアコン

執事

低外気温時における高い暖房性能に加え、新除霜方式で快適性を向上

寒冷地向けビル用マルチエアコン「寒さ知らず」を発売

日立アプライアンス株式会社(取締役社長:二宮 隆典(◇))は、寒冷地向けビル用マルチエアコン「寒さ知らず」(224型~560型)、および既設配管を利用できる「寒さ知らず リニューアル型」(224型~560型)を2014年6月1日から発売します。
今回発売する「寒さ知らず」は、低外気温時における高い暖房能力と、すばやい(*1)暖房立ち上がり性能を維持しつつ、「着霜量検出機能」を搭載した新除 霜方式により、着霜の状態や量の検出精度を高めました。これにより、除霜運転の間隔を最大で250分まで延長でき、暖房運転の快適性を向上しています。ま た、冷凍サイクルの改良や冷凍サイクル制御の適正化により、年間の消費電力量の低減を図っています。
さらに、従来の4機種(224型・280型・450型・560型)に335型・400型・500型を追加し7機種とするとともに、既設配管の利用が可能な「寒さ知らず リニューアル型」を新たに追加し、ラインアップの拡充を図っています。

(*1)起動後10分程度で40℃の温風吹き出し。当社ビル用マルチエアコン標準機(RAS-AP280DS5)との比較において。
室内ユニットてんかせ4方向(RCI-AP140K4)×2台との組み合わせによる試験結果。
【条件】室内吸込温度:20℃(乾球)Hi風量時、外気温:-10℃(湿球)
室内外配管長:7.5m、測定場所:当社恒温試験室
なお、実使用時の立ち上がり時間は、熱負荷・選定機種・施工条件により異なります。

■新製品の主な特長<寒冷地向けビル用マルチエアコン「寒さ知らず」(224型~560型)>

1.低外気温でも高い暖房能力を発揮
2.「着霜量検出機能」の搭載により除霜運転の頻度を低減し、暖房運転の快適性を向上〔New〕
3.冷凍サイクルの改良や制御の適正化により年間の消費電力量を低減〔New〕
4.既設配管を利用できるリニューアル型をラインアップ〔New〕


■需要動向と開発の背景

寒冷地域におけるビル用マルチエアコンについては、より高い暖房能力と除霜運転時の快適性向上が課題となっています。
こうしたニーズに応え、今回当社では、低外気温時でも高い暖房能力を発揮するとともに、新除霜方式で除霜運転の頻度を低減し、暖房運転時の快適性を向上した製品を開発しました。
一方、ビル用マルチエアコンをリニューアルする際には、既設の配管を利用し、空調機器のみ入れ替えるニーズが増加しています。 そこで「寒さ知らず」でも既設配管を利用できるリニューアル型を開発し、ラインアップの拡充を図りました。

■寒さ知らず 電子カタログ

http://www.hitachi-ap-catalog.com/fl/hr-522x_01/

以上

■お客様からの問い合わせ先

日立アプライアンス株式会社 空調事業部 空調グローバル戦略本部 商品企画部
〒105-0022 東京都港区海岸一丁目16番1号(ニューピア竹芝サウスタワー)
電話 050-3154-3950(ダイヤルイン)


6月
6

三菱重工、寒冷地専用のビル空調用インバーターマルチエアコン3機種

執事

ハイパーマルチLXシリーズに新たに寒冷地専用機3機種をラインナップ

低外気温時の暖房能力や暖房立ち上がり性能に優れる

091201_01
三菱重工業は、好評のビル空調用インバーターマルチエアコン「ハイパーマルチLX」シリーズに、新たに寒冷地専用機「暖ガンHyper Multi」を加 え、12月から受注を開始する。ハイパーマルチLXが達成した業界最高水準の高COP(成績係数)やトップレベルのコンパクト設計を継承しつつ寒冷地向け 仕様に仕上げた高性能機で、低外気温時の暖房能力や暖房立ち上がり性能に優れるほか、デフロスト(除霜)性能でも威力を発揮する。

今回 投入の寒冷地専用機は6馬力(FDCKP1603HLXYA)、8馬力(FDCKP2243HLXYA)、10馬力(FDCKP2803HLXYA)の3 機種。このうち、8馬力と10馬力は、独自の3Dスクロールコンプレッサーの搭載による大容量化と熱交換器の最適化によって高性能化を実現。また、6馬力 においても標準機に対し、コンプレッサーの大容量化や熱交換器の大型化などをはかることで低外気温時の暖房能力アップを実現した。そのほか、3機種とも、 ドレン水が凍結して自然排水を詰まらせることを防止するなど、きめ細かな設計が施されている。

インバーターマルチエアコンとして高い基 本性能を備えているのも特長。3Dスクロールコンプレッサーの搭載(8、10馬力)や横吹き室外ユニットの採用などにより据付け面積を大きく削減するコン パクト化を実現。また、同コンプレッサーは、周(横)方向だけでなく、軸(高さ)方向にも圧縮することから、寒冷地で発生しやすい高圧縮比運転において高 効率な運転を可能とした。

ヒートポンプ暖房は省エネ性や環境保全の面で優れている。市場で高い評価を得ているハイパーマルチLXのライ ンナップに今回新たに寒冷地専用機を加えたことを機に、北海道、東北、北陸地域などを含め、大規模ビルから中小ビルまでの幅広い対象に向け、さらに積極的 な営業を展開していく。
来年2月16日より東京ビッグサイトで開催される「HVAC&R JAPAN2010 冷凍・空調・暖房展」で、三菱重工ブースに同機を展示し、来場者にPRする。

◇製品ページ

ビル用マルチエアコン

http://www.mhi.co.jp/products/category/multi_air_conditioner_for_building.html


12月
12