三菱電機 給湯・低温機器も操作・監視できる空調冷熱総合管理システム

執事

エネルギー消費量を見える化し省エネをサポート

空調冷熱総合管理システム「AE-200J」発売のお知らせ

三菱電機株式会社は、1台のコントローラーで空調機器の集中管理やエネルギー消費量の見える化を実現し、給湯・低温機器も操作・監視できる空調冷熱総合管理システム「AE-200J」を2014年6月に発売します。
あわせて、「AE-200J」で管理できる室内ユニット数を拡張するコントローラー「AE-50J」、最大50台の室内ユニットを管理可能なシステムリモコン「PAC-SF50AT」および各部屋向けの手元リモコン「PAR-F30ME」を発売します。
これらの新製品は「HVAC&R JAPAN 2014」(1月28~31日、於:東京ビッグサイト)に出展します。

<新製品「AE-200J」の特長>
1.空調機器のエネルギー使用状況をわかりやすく表示し、省エネをサポート
・エリアごとの空調機器のエネルギー消費量をわかりやすくグラフ表示
・前年の電力使用量や目標電力量との比較ができ、使用状況を一目で確認
・10.4インチの液晶タッチパネル上にフロアレイアウトを表示し、簡単に空調機器を操作

2.容易かつ柔軟に最適な物件規模に応じたシステム構築が可能
・50台までの空調機器の室内ユニットを管理
・拡張コントローラー「AE-50J」を3台併用することにより、最大200台の室内ユニットを集中管理
・パソコンとの接続によりWeb画面上で200台を超える室内ユニットを管理(※1)

※1:200台を超える室内ユニットの管理は2014年12月以降に対応予定

3.給湯・低温機器の操作・監視も対応<2014年12月以降対応予定>
・空調機器に加えて、業務用エコキュートや、従来個別に管理していた冷蔵設備・倉庫向けのクールマルチなどの低温機器をまとめて管理

<発売の狙い>
2010年の改正省エネルギー法施行に伴う省エネ措置報告義務の対象範囲拡大により、建物のエネルギー消費量のうち大きな割合を占める空調機器や低温機器 の省エネ・運用管理がますます重要になり、空調冷熱設備全体の集中管理・エネルギー消費量の見える化に対する需要が拡大しています。この空調冷熱設備全体 に対する省エネルギー管理へのニーズに応えるため、当社は今回、1台のコントローラーで空調冷熱設備全体の集中管理やエネルギー消費量の見える化を実現す る空調冷熱総合管理システム「AE-200J」を発売します。
あわせて、設備内のフロア・部屋ごとの管理向けに、ワンタッチ節電ボタンを搭載し 室内ユニットを最大50台まで管理可能なシステムリモコン「PAC-SF50AT」と、人感センサー・照度センサーを搭載した手元リモコン 「PAR-F30ME」を発売し、小規模から大規模施設までの省エネ管理に対応します。


1月
1