JAXS 宇宙太陽光発電システムから地上に送電する実証実験を実施

JAXS(宇宙航空研究機構)は3月1日、兵庫県でおこなう、無線で送受電する実証試験を報道関係者向けに公開される。

実験は屋外に設置した送電側のアンテナから55メートル離れて設置された受電側のアンテナに向けて1800Wのマイクロ波を送る。

JAXS(宇宙航空研究機構)高度ミッション研究グループは、宇宙技術でエネルギー分野に貢献できるミッションとして、宇宙太陽光発電システム(SSPS:Space Solar Power Systems)の研究開発を行っている。

SSPSは、宇宙空間において太陽光エネルギーをマイクロ波、またはレーザーに変換して地球に伝送し、電力 として利用するシステムであり、将来のエネルギー供給を担うインフラとなる可能性があると考えられている。

宇宙太陽光発電システム(SSPS)について

【PR】

コメントは受け付けていません。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析