‘DXアンテナ’ タグのついている投稿

DXアンテナ 4K・8K対応レベルチェッカー事前予約キャンペーン

2016年7月13日 水曜日

DXアンテナ株式会社(兵庫県神戸市:代表取締役社長 米山實)は、2K+4K・8K対応レベルチェッカーLC60WSおよび信号発生器SG1WSの発売を記念して、事前予約キャンペーンを2016年7月1日から開始します。

本キャンペーンは、2016年10月に発売する「4K・8K対応レベルチェッカーLC60WS 」と「信号発生器SG1WS 」をセットにし、発売に先駆けご予約頂いたお客様に特別価格でご提供する。
2018年に実用放送が予定されている4K・8K放送は、これまでに放送波として使用していない新たな周波数、偏波(左旋円偏波)で送信されるため、従来のレベルチェッカーでは4K・8K放送の伝送帯域(3224MHz)を測定できない。
4K・8K対応レベルチェッカーLC60WSは、4K・8K伝送帯域である3224MHzまでの信号レベルが測定できる測定器です。4K・8K実用放送開始前の新築・改修物件で4K・8K受信システムを導入される購入者に対し、電波が送出されていない期間でも受信システムの検証ができる3224MHzの基準信号を発生させる信号発生器とレベルチェッカーをセットにしてご提供します。
4K・8K対応レベルチェッカーの購入をご検討されている購入者に向け、積極的に本キャンペーンを全国規模で展開していく。

【キャンペーン対象製品】
4K・8K対応レベルチェッカーLC60WS
信号発生器SG1WS
のセット

【キャンペーン対象期間】
2016年7月1日~9月30日

【ご注文方法】
弊社営業までお問い合わせくださ

DXアンテナ 2011 DXアンテナ 「新製品発表会・新ビジネスの提案」展示講習会のお知らせ

2011年6月1日 水曜日

アナログ放送終了間近!ビジネスチャンスを活かす!2011 DXアンテナ「新製品発表会・新ビジネスの提案」

DXアンテナは、4月と5月に福岡と名古屋で開催して「地デジ講習会・新製品説明会」にひき続き、6月に松山・大阪・東京・札幌の4会場で「新製品発表会・新ビジネスの提案」と題して、展示と講習会を同時開催いたします。

7月24日のアナログ放送終了を直前に迎え、弊社ではあらゆる地域や場面に役立つ、さらにはお客様の今後のビジネス活性化に直結する新製品発表会を開催させていただきます。また「アンテナからテレビまで」ワンストップソリューションを実感いただける製品群も展示させていただきます。

当日は、「地デジ需要後の売れるパッケージビジネス提案」、「これからの地デジ新商品情報」、「地デジ受信の問題解決 事例と対策」の3つのテーマで実施致します。
DXアンテナでは、開催予定の4会場で合計およそ1500名のご来場者を見込んでおり、各会場でのお客様のご意見なども反映させ、弊社にもお客様にもより有効な機会としていきたいと考えています。

名  称  2011 DXアンテナ「新製品発表会・新ビジネスの提案」

開催主旨 完デジ直前のビジネスのご提案やこれからの新商品やDXブロードテックの高性能映像機器等のご紹介などを通じ、相互の関係をさらに深め、お客様のビジネス拡大に結びつけていただくため。

講習会内容 (ご参加には事前のお申込みが必要です)
① 地デジ受信の問題解決 事例と対策
・地域の事例と対策 お客様から頂いた問題の解決事例をご紹介
② 地デジ需要後の売れるパッケージビジネス提案
・新築戸建住宅向け 受信設備パッケージ
・ホテル、病院などの施設向け 映像商品パッケージ
・完デジ後の受信ビジネス展望
③ これからの地デジ新商品情報

主な展示品目

  1. 地域別おすすめ地デジ受信セット
  2. 館内デジタル自主放送システム
  3. 法人・企業様向け液晶テレビ
  4. ギャップフィラーシステム
  5. 新築戸建住宅向け受信パッケージ (平面アンテナ、マルチブースター)
  6. ケーブルテレビ、光関連商品 (新型MDU・SDU、光FTTH関連新商品)
  7. 映像関連機器 <DXブロードテック>

(3Dプレイヤーほか、各種映像商品)

本展示会はお得意先様のみに限らせていただき、一般消費者様はご入場いただけません。予めご了承ください。

<松山会場>
開催日時 6月2日(木) 午前9時~午後5時30分
会  場 愛媛国際貿易センター(アイテムえひめ)
松山市大可賀2-1-28
連 絡 先 DXアンテナ㈱ 松山営業所 TEL.089-925-3826
松山市久万ノ台309番1号

<大阪会場>
開催日時 6月10日(金) 午前9時~午後5時30分
会  場 大阪マーチャンダイズ・マート(OMM)
大阪市中央区大手前1-7-31
連 絡 先 DXアンテナ㈱ 大阪支店 TEL.06-6304-5651
大阪市淀川区西中島7丁目4番17号新大阪上野東洋ビル
<東京会場>
開催日時 6月17日(金) 午前9時~午後5時30分
会  場 スタジアムプレイス青山
東京都港区北青山2-9-5
連 絡 先 DXアンテナ㈱ 東京支店 TEL.03-3526-5402
東京都千代田区神田松永町19番地 秋葉原ビルディング

<札幌会場>
開催日時 6月24日(金) 午前9時~午後5時30分
会  場 札幌市産業振興センター
札幌市白石区東札幌5条1丁目1-1
連 絡 先 DXアンテナ㈱ 札幌支店 TEL.011-822-1251
札幌市豊平区平岸3条2丁目2番15号

お問い合わせ先
DXアンテナ株式会社

DXアンテナ 長谷川穂積選手“WBC世界フェザー級王座防衛戦”に協賛

2011年4月7日 木曜日

震災復興支援チャリティーマッチをサポート

DXアンテナ株式会社は、日本人初の“飛び級”2階級制覇を達成した長谷川穂積選手のプロボクシングWBC世界フェザー級王座防衛戦を含む震災復興支援チャリティーマッチにメインスポンサーとして協賛いたします。

今回のトリプル世界戦は「東北地方太平洋沖地震」の影響により、開催場所を当初の両国国技館から神戸ワールド記念ホールに変更されての開催となります。このトリプル世界戦を通して、阪神・淡路大震災から見事に復興を遂げた神戸を舞台に、大震災を経験した長谷川選手たちが活躍する姿が被災地の方々の励みになっていただければと願っております。大震災から復興した神戸の地に於いて開催されるにあたり、弊社としても最大限の支援の輪を広げ、皆様と共に元気と勇気と力強いメッセージを発信できるものと信じております。

このトリプル世界戦は「東北地方太平洋沖地震」のチャリティーマッチとして開催され、入場料の一部と長谷川穂積選手をはじめとした出場選手のファイトマネーの一部を被災地の復興支援への寄付金とさせていただきます。その主旨をできる限り多くの皆様にご理解、ご賛同いただき、皆様と共に応援していきたいと思います。

開催日時 :2011年4月8日(金)

試合会場 :ワールド記念ホール(神戸ポートアイランドホール)
神戸市中央区港島中町6-12-2 (ポートライナー 市民広場駅)
TV放映:19:00~20:54 日本テレビ系 全国30局ネット 生放送

18時00分~
プロボクシング WBC世界スーパーフェザー級王座防衛戦 12R
王者 粟生隆寛(帝拳)
VS 同級3位 ウンベルト・グチェレス(メキシコ)

セミファイナル 19時00分~
プロボクシング WBC世界スーパーバンタム級王座防衛戦 12R
王者 西岡利晃(帝拳)
VS 同級6位 マウリシオ・ムニョス(アルゼンチン)

ファイナル   20時00分~
プロボクシング WBC世界フェザー級王座防衛戦 12R
王者 長谷川穂積選手(真正)
VS 同級1位 ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)

協賛理由

DXアンテナでは、社会・地域貢献活動の一環として、同じ神戸を本拠地としている真正ボクシングジムと長谷川選手をはじめとする全所属選手を支援しています。
これは、創業以来、お客様に喜ばれる製品、環境と人にやさしい製品を作ることに真剣に取り組んできたDXアンテナの企業風土と、真正ボクシングジムの長谷川穂積選手をはじめ、所属する若者達が世界の舞台を目指してひたむきに努力する姿が合致したことによります。
また、真正ボクシングジムが、震災後の神戸を元気にしたいと取り組みを続けている、子供たちの健やかな成長を願って開催しているスポーツ教室などの社会貢献活動に共感したことによるものです。
DXアンテナは、これらの支援活動を通して、これからも「環境と人にやさしい」製品をお届けすること、そしてお客様に喜ばれる企業であり続けたいと願っています。

お問い合わせ
DXアンテナ株式会社 商品企画部 広報課
TEL.078-682-0002 FAX.078-682-0041

DXアンテナ 業界初! iPhone、iPadに対応した総合カタログ(電子版)を発行

2011年3月15日 火曜日

カタログをいつでもどこでも見ることができる!


DXアンテナ株式会社は、業界で初めてiPhone、iPadに対応した総合カタログを3月4日に発行いたしました。

DXアンテナ総合カタログは、お客様により便利にお使いいただけるよう、印刷物だけでなく、Webにおいて、便利に使っていただけるデジタルカタログを発行してきました。今回、さらにいつでも、どこでも手軽にカタログを見られるよう業界で初めてiPhone、iPadに対応いたしました。また、Web版のデジタルカタログも、必要なページを「お気に入り」に登録してまとめておくなどの新機能を追加し、使いやすさを向上させました。

iPhone、iPad向けカタログの主な特長

・キーワード検索
カタログ内の文字を検索できます。スペース区切りで絞込み検索もできます。

・目次表示
カタログの目次を表示します。

・しおりをつける
見ているページにしおりをつけます。

・ページのURLを連絡
見ているページのURLをメールで送ることができます。

iPhone、iPadでのご利用方法

ご利用いただくには専用アプリ(無料)が必要です。

1.「APP Store」のアプリ検索で「icata」と入力し検索。
2.専用アプリ「icata」(無料)をインストール後、アプリを起動して「DXアンテナデジタルカタログ」を選ぶ。

docomo、auのアンドロイドOSのスマートフォンやタブレットPCには対応しておりません。今後対応の予定ですが、時期は未定となります。予めご了承ください。

お客様ご相談窓口
0120-941-542
受付時間9:30~12:00/13:00~17:00(土曜・日曜・祝日および夏期・年末年始休暇は除く)

DXアンテナ システム設計、施工、登録点検までの全工程を担当の近畿初「簡易ミニサテ」が運用開始

2011年1月19日 水曜日

システム設計、施工、登録点検までの全工程を担当の近畿初「簡易ミニサテ」が運用開始

大津市葛川地区簡易ミニサテの受信点(大津市クリーンセンターに設置、彦根局を受信)

大津市葛川地区簡易ミニサテの受信点(大津市クリーンセンターに設置、彦根局を受信)

テレビ放送の地デジ完全移行まで約半年あまりを残すのみとなり、国家プロジェクトとして関連インフラのデジタル化対応が急がれています。山間部などでの地デジ難視聴解消策として、放送波を無線で再送信する新方式である「ギャップフィラーシステム」や「簡易ミニサテ」の導入が全国各地で進みつつありますが、このほど滋賀県大津市葛川地区において、中継局の廃局に伴う地上デジタル放送の難視聴への対策を目的とした、受信点1ヵ所と送信点3ヵ所による構成の簡易ミニサテ施設が完成し(簡易ミニサテは放送局が免許を持つもので、受信者側の組合などが免許を持つギャップフィラーと区別されます)、この地域の対象となる約60世帯のご家庭での地デジ放送鮮明受信に活躍を開始しました(運用開始日:平成22年12月25日)。

葛川貫井中継局の送信点(送信機と5素子および3素子リングアンテナで構成)

葛川貫井中継局の送信点(送信機と5素子および3素子リングアンテナで構成)

この施設の計画から完成まで、DXアンテナは事業主体の民放テレビ4局(毎日放送、朝日放送、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送)に協力(システム設計、施工、登録点検までの全工程を担当)、DXアンテナが手がけた簡易ミニサテの第一号施設です。これはDXアンテナの『受信から送信へ』というビジネスコンセプトにもとづく、『情報伝送システム企業』としての地デジ化推進という国策への貢献の一環となるものです。

山間部に位置する大津市葛川地区では、朽木葛川中継局にNHK総合と教育の2局がデジタル置局されておりますが、民放4局(毎日放送、朝日放送、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送)はギャップフィラーに相当する簡易ミニサテ局を置局して対応する方針となりました。DXアンテナはこの計画の当初から事業主体となる民放各局に、これまで兵庫県や和歌山県などの各地で実績を重ねてきたギャップフィラーにかかわる技術を存分に活かしながら全面的に協力し、受信点1ヵ所と送信点3ヵ所で構成する簡易ミニサテ局の導入により、地区内の各世帯(対象世帯数;約60)での鮮明な地デジ放送受信を実現しました。

簡易ミニサテおよびギャップフィラーは、放送電波が山間部などの地理的条件や高層ビルなどの建造物で遮られ電波が届かない地域に、小さな出力の電波で難視聴地域を解消する中継設備です。
アナログ時代の解消方法は、ケーブルによる共同受信施設(共聴)で対応してきましたが、デジタル方式の採用により電波で解消する方法が可能となりました。
システムとしては、ケーブルによる共同受信施設と同じように、良好に受信できる受信点でいったん電波を受信して、簡易な送信装置で無線により各家庭に配信するもので、無線共聴施設とも呼称されています。
地上デジタル放送では、簡易ミニサテやギャップフィラーによる難視聴地域の解消が可能となりますが、その主な特長は次の通りです。

(特長)
送信設備が小さな規模であるが、放送局と同様のデジタル放送の電波を送信可能
小さな出力(~50mW/ch)により小ゾーン用として対象地域へのきめ細かな送信が可能
電波で配信することからワンセグサービスにも対応
放送事業者による簡易ミニサテのほか、地上デジタル放送の受信改善の目的であれば、放送事業者以外の方でもギャップフィラーとして設置可能
技術基準適合証明制度や登録点検制度を活用することで、免許手続きの簡素化、迅速化が図れる。また、無線従事者の選任が不要に

<完工した簡易ミニサテ 施設概要>
所在地:   滋賀県大津市葛川地区
施設の目的: 山間部のため、地デジ放送が受信できない状況が生じるテレビ難視聴への対策
無線局名:  葛川貫井中継局、葛川細川上中継局、葛川細川下中継局 (計3局)
施設の免許人:民放テレビ4社(毎日放送、朝日放送、関西テレビ放送、讀賣テレビ放送)
対象世帯数: 約60世帯
伝送信号:  地上デジタル放送4波+データ放送
ch. D14 讀賣テレビ      <彦根局の再送信>
ch. D15 朝日放送       <彦根局の再送信>
ch. D16 毎日放送       <彦根局の再送信>
ch. D17 関西テレビ      <彦根局の再送信>

設置済機材:
<受信点(彦根局向け)>
受信用UHFアンテナ YAL25UD    1台
※アンテナ高 約3m
ヘッドアンプ(光出力型) HAOT101    1台

<送信点(葛川貫井中継局)>
送信装置(光入力型) GAOR101  (出力10 mW/ch)  1台
送信用5素子リングアンテナ ULR5Z1、3素子リングアンテナ ULR3Z1
ともに水平偏波   各1台
アンテナ高 約15m
<送信点(葛川細川下中継局)>
送信装置(光入力型) GAOR101  (出力10 mW/ch)  1台
送信用3素子リングアンテナ ULR3Z1 水平偏波    1台
アンテナ高 約15m
<送信点(葛川細川上中継局)>
送信装置(光入力型) GAOR101  (出力10 mW/ch)  1台
送信用3素子リングアンテナ ULR3Z1 水平偏波    1台
アンテナ高 約15m
この施設における特筆事項:
DXアンテナが手がけた第一号のミニサテ施設です。
受信点は大津市クリーンセンターに設けており、3つの送信点までは光20km伝送で2段中継となっています。
彦根局に向けた受信点のアンテナ高はあえて土手すれすれで設置しています。これは彦根局が琵琶湖の対岸に位置しているため、湖面による反射波の影響によるフェージングを軽減させるためです。

電材市場バナー 小 電材市場はリンクフリーです。
リンクの際は上のバナー
をご利用ください。

ホーム | 会社案内 | お問い合わせ | ショップの登録 | 広告について | サイトマップ


Copyright © 電材市場. All Rights Reserved.
無断での複製・転用はこれを禁止します。


無料アクセス解析